スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企業にちゃんと履歴書・職務経歴書を読んでもらう方法

履歴書や職務経歴書はちゃんと読んでもらえるの?」でも書いたとおり、企業は、履歴書や職務経歴書を1人当たり3分程度しか読みません。

学歴や前職、転職回数を見て興味がなければ、すぐに不採用を決めてしまいます。

つまり、いまさら転職希望者の方にはどうしようもない要素で不合格を決められてしまい、一生懸命に志望理由などを書いたとしても、読んでもらえないことはざらにあります。

じゃあ可能性が全くないかと言いますと、必ずしもそういうわけではありません。

本来はすぐに不合格のケースでも、企業の人事担当者がちゃんと最後まで履歴書と職務経歴書を読むこともあります。

それがどういう時かといいますと、人材紹介会社の方から熱烈な推薦があった場合

人材紹介会社の方から、履歴書と職務経歴書を受け取る際、必ずキャリアアドバイザーの方からの推薦文が付けられています。

普段はありきたりの推薦文ばかりなのですが、たまに「条件には合わないかもしれないが、●●●●という理由で推薦させていただきました。私もお薦めの方ですので、是非一度面談の機会をいただけないでしょうか?」といったキャリアアドバイザーのお墨付きが付いているケースもあります。

その場合は企業の人事担当者としても興味を持たないわけがありません。何せキャリアアドバイザーの1次面接を通過しているようなものですから。(キャリアアドバイザーの方との信頼関係にもよりますが・・・)

つまり本当に入りたい会社を見つけた場合は、担当してくださっているキャリアアドバイザーの方に熱意をちゃんと伝えることが重要です。

キャリアアドバイザーの方が、あなたのメッセージの伝達者にもなることを忘れないでください。

参考になりましたらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ


おすすめの人材紹介会社→DODAの人材紹介

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。