スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「質問はありますか」と聞かれた時の対応方針

私は面接の最後に必ず「候補者の方に質問をしていただく時間」というのを設けています。

おそらく多くの会社がそういった時間を用意しているのではないでしょうか。

もちろんこの時間は候補者の方に、自社をよく知ってもらうための時間なのですが、それと同時に最後の見極めをする時間にもなります。

ですので、この時間も油断することないよう注意してください。


質問は絶対にする

まず当然ですが、質問は絶対にしてください。

大事なことなので2回いいますが、質問は絶対にしてください。

質問をされないと、面接官としてはそこまで自社に対して興味を持ってくれていないんだなと感じます。

面接で見極めているのは「能力」と「熱意」。

その熱意の部分でマイナスの評価をされかねません。



質問するための事前準備を行う

というわけで質問の時間は「企業理解」の時間であると同時に、あなたの「アピールの場」でもあるわけです。

いかにあなたが企業に対して、関心を持っているかというのを伝える必要があります。

WEBサイトで調べられるようなことを質問されると、「この候補者はサイトも見ていないのか」と思ってしまいます。

逆に自分で調べた情報を元にさらに突っ込んだ質問をされると、深く関心を持っていただいているように感じられ、好印象となります。
(知りたいことのリストを作成して来られる候補者の方もいらっしゃいますが、印象は良いです)

最低限ウェブサイトくらいはチェックをしておき、質問された時のための質問項目をいくつか用意しておくことをお薦めします。


評価が下がってしまう質問とは?

以上が基本的な方針ですが、質問しなければいけないからいって、何を質問して良いわけではありません。当然、質問の内容によっては評価が下がることもあります。

質問をする際に気をつける点」というものを次の記事で紹介したいと思います。


参考になりましたらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。