スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャリアアドバイザーに騙されるな?

インテリジェンスさんやリクルートエージェントさんのような紹介会社に登録すると、キャリアアドバイザーの方があなたの相談役として担当することになります。

キャリアアドバイザーってどんな人?

キャリアアドバイザーは基本的に良い人が多いです。「候補者の方の転職が決まって、幸せに働いている」ことをモチベーションとできる人でなければ、激務の中、働き続けることは難しいでしょう。

ですが、その一方であくまでビジネスであるということも忘れてはいけません。キャリアアドバイザーの方にとって、候補者は助けてあげたい対象であると同時に、「候補者は商品」でもあるのです。

つまり、いかに商品として高く企業に売るかという視点もあるということを意識すべきです。

具体的に注意すべき点は以下の2点になるかと思います。

1.本当は転職すべきでなくても、転職を薦める
1はそのままですね。候補者の方が転職することを止めてしまえば、それだけで商品ですらなくなってしまいます。ですから商品価値を維持するために、転職を薦めることは十分考えられます。

2.候補者の希望に多少そぐわなくても、紹介フィーが高い企業を優先して斡旋する
企業と紹介会社の契約は、企業ごとに異なります。

A社で採用が決まると年収の50%相当が紹介業者に支払われるが、B社だと30%になってしまう、ということは頻繁に起こり得ます。

会社によって異なりますが、キャリアアドバイザーは成約件数(何人の転職を成功させたか)だけではなく、成約金額の合計(企業からいくら支払われたか)でもノルマが設定されていることがありますので、その場合どうせ転職するならば、高いお金が支払われるほうに紹介したいという気持ちが働くのは仕方のないことでしょう。


というわけで、転職活動を成功させたいのなら、すべての判断をキャリアアドバイザーに任せきりにするのではなく、自分で考え、判断していくことを忘れないようにすることが重要です。

キャリアアドバイザーは、有益な情報を提供してくれ、転職のプロとしてアドバイスをしてくれる貴重な存在ですが、決めるのはやはりあなたなのです。

参考になりましたらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ



 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。